かえるくんがゆく!? マイペース、米国株投資の記録

40代、会社員、地方在住。2018/6より米国株に投資開始。個別株・ETFなど買ってます。高配当銘柄やグロース銘柄など試行錯誤中。

保有銘柄状況 2019/8/末時点

 


f:id:go-kaeru:20190901025117j:plain

 8月末時点の米国株、保有状況をまとめてみました。

 

f:id:go-kaeru:20190901025343p:plain

↑ 資料 ①

    こんな感じなんですけど、ETF含め20銘柄まで増えてきました。うーん、増やし過ぎかなぁと感じました。

    全体的に見渡してみると上げている銘柄と下げている銘柄がはっきりしてきた感があります。

    赤丸①のMCD、順調です。米国株投資を始めた初期の頃に買った銘柄です。(2018年7月30日)

    赤丸②LYFT、めちゃ下げです。買うタイミングが早過ぎました。(IPO当日に飛びつきましたから…)このままだと恐らく買値の半分は行きそうです。(-。-;

  イタイ教訓として敢えて保有し続けるのか?

売り払って他の上昇銘柄に乗り換えるのもありですかね。

LYFTの下落も、本当に来るか分からない「暴落」が来る前の精神修養と思えば…(もはや意味不明)

    赤丸③AWK。2019年5月に買ってこの上っぷり。良好です。

 

    以下、資料②・③は証券口座の写しです。

ちなみに自作の表(資料①)の平均取得価格は手数料込みで計算してます。なので証券口座の参考取得価格より若干高くなってます。

f:id:go-kaeru:20190904224813p:plain

↑ 資料 ② (特定口座)

f:id:go-kaeru:20190904224857p:plain

↑ 資料 ③ (NISA口座)

さて、今後の作戦です。

その前に当初からの計画を振り返ってみます。

『2018年6月から3ヶ年計画で資金を順次米国株に投入し2020年にはある程度の形、ポートフォリオにする』

です。

この一年は買うことに一生懸命でした。

今は、他の方の米国株ブログや投資本での勉強で少しは周りが見えるようになって来ました。

なので考え方、方針も微妙に軌道修正しながら(勿論、間違いに気付けば即座に…LYFTを…)

自分に合った方法を探していきます。

 

で、今後の作戦はどうなのか?です。

 

ポートフォリオという視点で見れば資料①の通りなんですが、これってほぼ100%米国株じゃね?と気付いた訳です。

危険な香りがプンプンします。

確かにこの10年の米国株のように右肩上がりの相場であれば問題ないですが、今後そうならないことも多少考えておいた方がいいのではと自分なりに思っています。

 

アセットアロケーションの視点で見ると資料①は「外国株式(米国株)ほぼ100%、現預金ほぼ0%  以上。」ってなります。( ゚д゚)

 

危険やわ〜!

一つの籠に卵をモリモリに盛り過ぎー!!

と感じました。

 

今後の方針、作戦の鍵は「アセットアロケーション」。この辺りから攻めてみたいと思います。

 

 

 

2019年8月 米国株受領配当金と買付銘柄

f:id:go-kaeru:20190831233531j:plain  

 夏も終わりですね‥ひと月ぶりのブログ更新、冬眠してました‥ (-_-;)    

    まだ生きてます。

 

さて、早速ですが8月の買付銘柄の報告をします。

8月買付銘柄

8/20 RDS.B 15株 $55.53/株+$4.05(買手数料)

8/20 PG 4株 $119.63/株+$2.33 

8/20 NEE 2株 $217.56/株+$2.11 

8/26 VOO  1株 $262.99+$1.27 

8/26 MCD 1株 $215.7+$1.04 

8/26 JNJ 1株 $127.48+$0.61 

8/26 CRM 2株 $153.7/株+$1.49 

8/28 PM 1株 $73.75+$0.35 

8/28 JNJ 4株 $128.5/株+$2.49

以上です。

    こまごまと、ほそぼそと…

ですが金額にして$ 3263.63も買い付けてしまいました。 (';')

米国株の先行きに楽観的な訳ではないのですが‥

8月受領配当金

  TとABBVから合計$41.03(税引後)です。

今月、PGを買い付けたので次回(3か月後の)11月は$2.1397ほどプラスされそうです。

2019年の1~8月受領配当金合計は$269.68です。

今月買付した分の配当金が9月以降に加算されてくると思うので年後半の追い上げに期待します。

これからのこと

 逆イールドカーブの発生やら景気後退局面うんたらかんたらで1~2年後に株価が下がるのでは?等様々なことが言われています。一応気にはしていますが、だとしたらその前にドカンと株価爆上げしないかな?とも考えます。(素人の勝手な憶測ですが‥)

 

今までのように定期的に個別株を買っていくのか、株価下落のリスクに備え何か策を講じるのか。悩ましいですね〜    (๑˃̵ᴗ˂̵)

 

本日9月3日、米国市場、レーバーデー(祝日)明け。潮目が変わるのか?

 

しばらく様子見します。

2019年7月 米国株受領配当金と買付銘柄

f:id:go-kaeru:20190617224309p:plain

かなり久しぶりの記事更新となりました。

ブログの継続率は

3ヶ月続くブログ、70%

1年続くブログ、30%

2年続くブログ、10%

とも言われています。

 

7月配当金額

さて、7月の米国株受領配当金が出そろいましたので報告します。

合計 $58.28 です。(税引後、口座入金日で計算)

RDS.B(NISA口座) $0.94 20株 $18.8 今回初入金

KO $0.4 25株 $7.19

VOO $1.385 5株 $5.0 (前回$1.455)

PM(NISA口座と特定口座) $1.139 27株 $27.29

 

f:id:go-kaeru:20190728000757p:plain

上の表は今年に入ってからの月毎の配当金額の推移です。

f:id:go-kaeru:20190728000905p:plain

上の表は米国株投資を始めてからの配当金額の推移です。

 

配当金が順調に増えるのはいいのですがやはり最大の目的は、「入金した金額をいかに大きくするか」です。(自分に言い聞かせ)配当金だけに満足せずに目的達成への道をまだまだ探り続けます。

と言っても慌てて投資して失敗してもだめなのでじっくり考えながら前に進んでいきたいと思います。

勝とうと思わず、負けない作戦ですかね。

7月買付・買い増し銘柄

5月下旬以来の買いです。

MSFT 買い増し $139.1 5株 (+手数料$3.88) $698.88

V 買い増し $181.75 3株 (+手数料$2.65) $547.89

KO 買い増し $53.35 5株 (+手数料$1.3) $268.04

いづれも決算発表後の1~2日後に買いました。

先月までの保有銘柄状況はこちら ↓

 

www.go-kaeru.com

 

今後の予定

7月30,31日にFOMC連邦公開市場委員会)で政策金利を下げるとか…

0.25%の利下げが濃厚とのことですがどうなりますかね。

その決定後に株価が大きく動くような気がしますがそれが上がるのか下がるのかは分からないので様子を見守りたいと思います。

おまけ

 KOの企業分析についてとても参考になるブログ記事がありましたのでお知らせします。

おそらく皆さん既に知っている方かもしれませんが‥

www.yutainvest.com

 

  広告

保有銘柄状況 2019/6/末時点

f:id:go-kaeru:20190512180307j:plain

  2019/6/末時点での保有銘柄状況についてまとめました。

 

  ↑ 広告

f:id:go-kaeru:20190708225908p:plain

 上記の通りです。

注目点は、

MCD 高値更新で含み益がおよそ30%ほどあります。(赤丸の①)

業績の良し悪しに関係なく景気後退局面で他の株につられて株価が30%下落したと仮定しても含み益は0となる計算です。また、株価が上がるうちに買い増し含み益を大きくするという作戦でもあります。次回買い増しの筆頭銘柄です。

ZS 急進。(赤丸の②)

7/8 23:21(日本時間)現在 $83.43 

順調に推移してます。

THD 順調。(赤丸の③)

タイ株に投資するETFです。

 

あと番外でLYFTですけど…。10年後どう化けるかです。

 

そして、ついに「入金合計金額」に対し「現在合計金額」がプラスになりました!(赤丸で囲い部分)

これは素直にうれしいです。

保有銘柄全体の買付価格に対する現在価格(含み益)は以前からプラスでしたが、あくまでも上記の赤丸で囲い部分の数字に重点を置き今後もこだわっていきたいと思います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

 ↑ 広告

2019年6月 米国株受領配当金

f:id:go-kaeru:20190617224309p:plain


  6月の米国株受領配当金についてまとめました。

  家のパソコンが壊れて使えない為、今回初の試みでスマホから投稿してみます!正直言えばパソコン壊れてモチベーション下げ下げでした…うまくいくか心配です…       (-_-;)

 

受領配当金

PFE  (NISA口座)  $0.36  30株  $9.72  今回初入金

XOM  $0.87  15株  $9.37  前回より6.09%増配⬆️

JNJ  (NISA口座)  $0.95  10株  $8.55  今回初入金

MMM  $1.44  5株  $5.19  株価下落も買い増しせず

MSFT  $0.46  10株  $3.31

MCD  $1.16  7株  $5.84  

THD  (NISA口座)  $1.438  9株  $11.65  今回初入金  次回は12月(半期毎)

 

合計  $53.63  となりました!

単月で過去最高金額達成です。

RDS.Bからも配当ありましたが入金日が7/1なので7月で計算します。

 

2018/6から始めた米国株投資、累計の受領配当金額は  $268.51  です。

高配当銘柄だけではなく、成長株やETFなども組み入れてバランスを取りながらいきたいです。

まとめ

順調に配当金増えてます。2〜4月に買い付けた分が反映されてきています。

9.12月も同程度の金額が入金されると予想されます。

結局、たくさん入金してたくさん株買えばいっぱい配当金もらえるってことですよね〜!

\(^o^)/  キャハ

あまり難しく考えてはダメっすね。

あとはいかにたくさん入金するか…入金力を高める努力…ここが一番の肝ですね!

 

7月の注目点

FOMCが利下げするのか?

・個別企業の決算発表はどうなのか?

 

最後に…

最後まで読んで下さりありがとうございます😊

初めてスマホから投稿してみました。入力とか大変そうと思ってましたが意外とサクサク出来ました。今後もこのパターンありかもです。😁

いや正確には、しばらくスマホからの投稿になります…せっかく作った資料が使えない😭

まあでも「株もブログも続けることが大事」と思ってますので退場することなく続けていきたいです。

 

フィリップ・A・フィッシャーの本を読んだ

f:id:go-kaeru:20190622233842j:plain

  この本を買ったのは今から17~18年前で内容もほとんど覚えてない状態だったので久しぶりに書棚から出して読んでみました‥‥。

 とても勉強になりました!!

 今回自分の中で特に印象深く、参考になった点を3つ挙げたいと思います。がその前に簡単にフィッシャーさんについて紹介します。

フィリップ・A・フィッシャーとは、

1907生~2004没。株式投資家。ベンジャミン・グラハムが「バリュー型投資」スタイルに対しフィリップ・A・フィッシャーは「成長株投資」スタイル。両氏ともウォーレン・バフェットに師と仰がれている。1958年に書かれた「COMMON STOCKS AND UNCOMMON PROFITS」の翻訳版が「フィッシャーの『超』成長株投資」です。(以下、同書と略します。)

自分が参考になった3つの点は、

・「超」成長株を買え

・株を売る理由は3つ

・配当についての考え方

です。

 一、「超」成長株を買えとは、

同書の Chapter1に

安く買って高く売ろうと派手な動きをするよりも、真に優れた企業を見つけ出し、(略)その企業の株を保有し続けるほうが、実際のところ、はるかに大きな利益をはるかに多くの人たちにもたらしたのです。

 とあります。短期で利ザヤを稼ごうとするよりも優れた企業の株を長期で持ち続ければ10~20倍それ以上になる株が多くあると言ってます。ここでいう長期とは数年から数十年です。また買い時についても、必ずしも大暴落で株価が大底を打った日を狙わなくても、いつどの年に買っても結果的には大きな利益をもたらすとも言っています。心強い言葉です。

ここで必要なのは、飛び抜けた将来性を備えた企業だけを選び出し、その他の企業はすべて投資対象から外すことのできる選択眼だけなのです。

 選択と集中が大事ということですか。

具体的な銘柄選択の基準などは別Chapterに書かれてますので興味ある方は本を読んで下さい。なお同書が書かれたのは1950年代で、登場する銘柄は古い気もしますが「選択基準」は今でも通ずるものがあります。

二、株を売る理由は3つ

Chapter6に書かれてます。

1、投資対象を選択する時点で判断を誤っていたと後に自ら気づいた時。

これは経験あります。KHCを損切りしたことです。同書には「自分の犯した間違いに早めに気づくことは大切」とも書かれています。

2、「時の経過とともに企業が変化して、Chapter3で紹介した15のポイントを以前のように満たさなくなってしまった場合は例外なく売るべき」

3、「現在投資している有望な成長株を売って、それよりもっと有望な成長株に乗り換える場合(略)このような理由で株を売ることは、めったにないはずです。」

キャピタルゲイン税を払ってでも乗り換えるには相当な有望株が見つかった場合だけとのこと。

三、配当についての考え方、

Chapter7

一番大切なのは、配当の支払いを優先するあまり自ら成長の芽を摘んでいるような企業の株を買うべきではない

(略)

 結局のところ、投資家に素晴らしく大きな利益をもたらしてくれる株を選びたいのであれば、配当のことを真っ先に考えるのではなく、一番最後に考えるようにすべきでしょう。(略)配当のことを考えない人ほど、結局は一番大きな配当を受け取る

ここ!この部分が特に考えさせられました。

今の自分のPFは高配当重視のものとなっています。元々高配当銘柄は「成熟した企業が多く将来の大きな成長が見込めない代わりに、また、大規模な設備投資等必要ない代わりに利益の多くを配当として株主に還元する」と理解してます。

年々売上を伸ばし事業規模を拡大し、さらなる利益を追求するような会社は配当を払うよりも自己に投資するために無配又は配当金が少ない傾向があると読んだことがあります。(アマゾンがそうでしょうか)

 だとすれば受領する配当金の金額以上に株価の上昇する銘柄を保有するほうが結果として自己の保有資産の最大化という目的にかなっているのではないか、とも考えたわけです。

もちろん高配当株、ディフェンシブ銘柄は景気後退期・不況時・市場暴落時などにも株価が下がりにくいとも言われており、いい面もあります。

最後に

最後まで読んで下さりありがとうございます。

17~18年も前に読んだ本を改めて読み直し、当時はピンとこなかった内容も今はかなり考えさせられる内容でした。

今回の記事はあくまでも「自分が参考になった3点」をピックアップしましたが他にも参考になる点はいくつかありました。

再度読み直し新たな発見があったように今後も本を読んだりして色々な考え方を取り入れて自分に合った投資方法を探っていきたいと思います。

ちなみに私の現在の保有銘柄はこちらです↓

 

www.go-kaeru.com

 

保有銘柄状況 2019/6/9現在

f:id:go-kaeru:20190609224831p:plain

Pixabay

 いよいよ6月、各地で梅雨入りが発表されています。

 つばめが家の軒先・玄関などに巣作りを始める時期です。巣が家や事業所などに出来ると「商売繁盛」「家内安全」になるなど言われています。皆さんのお住いの地域はどうでしょうか?我が家は「幸運をもたらすお守り」な感じで歓迎します。

保有銘柄状況 2019/6/9現在

f:id:go-kaeru:20190609230740p:plain

 先月に比べ赤丸の部分のマイナスが幾分減りました。

 

www.go-kaeru.com

 


 5/27にVとAWKを若干数購入しました。

MMMが下げています。

KO、MSFT、MCDが順調に推移しています。

LYFT‥‥(-_-;)

THD、これは「 iシェアーズ MSCI タイETF 」です。

 


 5月の受領配当金 

 5月はTから$26.58、ABBVから$14.44。合計$41.02の配当金を受領しました。

 月毎では過去最高金額です。TやABBVを手放さなければ8月・11月も同額いただける計算になります。将来の株価の推移は素人の自分には分かりませんが、今後もらえる配当金額なら計算すれば分かります。(業績低迷で減配!とかなければですけど)

配当金目当ての投資の「いいところ」です。

f:id:go-kaeru:20190609233803p:plain

今後の作戦

 今年投資できる資金も少ないのでしばらく様子見です。多少の現金が手元にあるだけで気持ちに余裕もできるので。

 最終目標は「10~15年後に年間配当収入が〇〇〇万円(三桁)にする」というものなので、そのために今すべきことを淡々と続けていきたいと思います。

 

あとがき

 最後まで読んで下さりありがとうございます。m(__)m

ここ一年程で、米国株投資を始めて、ツイッターを始めて、ブログを始めて、本を読んだり、調べものをしたりで「やりたいこと」がどんどん増えてきています。いっそのこと「やらないこと」を決めて好きなことを突き詰めていきたいとさえ思ってしまいます。

 で、「やらないこと」って何‥‥

 

 「会社勤め」!?(笑)